国際放射線防護委員会 ICRP
ICRP2007勧告の概要(英語)
(インターネット上でこの文書の日本語訳は見つけられなかった。概要版ではなく報告書本体は有料)
国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告(Pub.103)の
国内制度等への取り入れに係わる審議状況について
−中間報告− 2010年1月 放射線審議会 基本部会
<参考資料> ICRP(国際放射線防護委員会)勧告 Pub.109(日本語) 2008年〜2009年
『緊急時被ばく状況における人々に対する防護のための委員会勧告の適用』
“フクシマ事故”を予見したかのように国際的公衆被ばく強制を合理化・正当化する迷妄の勧告書
理解のための参考資料
ABCC―原爆傷害調査委員会―(Atomic Bomb Casualty Commission)について
<参考資料>「ABCC(原爆傷害調査委員会) 全体報告 1947年」
 <参考資料>福島原発事故:アメリカの『社会的責任を負う医師団−PSR』声明
『“安全”を考慮するなら福島の子供たちの被曝許容値増大は無茶苦茶(no way)だ』
2011年4月29日「福島県の子供たちに対する電離放射線の被曝許容値増大に関するPSR声明」
<参考資料>神戸大学・山内知也の文科省への申し入れ書
『実際の被害が福島の子どもたちの間に生じます』